ホームセキュリティ 防犯・防災対策 防犯カメラ

戸建て住宅におすすめの防犯カメラの種類・特徴

戸建て住宅におすすめの防犯カメラを種類と特徴でまとめました。

24時間作動中!ゼロキューブに防犯カメラ設置で安心 【防水で屋外対応・5台同時録画の費用は?】

DIYと業者どっち?防犯カメラの設置工事おすすめ方法のメリット・デメリット

家族を守れ!戸建て屋外家庭用防犯カメラのおすすめ設置業者5選【価格費用比較】

戸建て住宅におすすめ防犯カメラタイプは?

戸建て住宅で防犯対策に取り組むのであれば、戸建てに適した防犯カメラの設置が狙い目です。

戸建て住宅に適しているのは、設置要件のハードルが低く、一定の範囲をしっかりと捉えて記録できるのが基本だといえます。

玄関や駐車場で最適な防犯カメラのタイプは違ってきますし、製品によっては設置できないケースもあるので注意が必要です。

 

防犯カメラには大きく分けていくつかの種類がありますが、代表的なバレット型は壁面から突き出た形になるのが特徴です。

 

一方、ドーム型は半球のような形状になっていて、目立ちにくく威圧感を与えないのがポイントです。

犯人に対し存在感を表さないので、防犯カメラの存在をアピールするよりも、目立たず捉えたい場合に最適です。

 

ボックス型は逆にいかにも防犯カメラといった形状で、いわゆる撮影機能を持たないダミータイプでも効果に期待できます。

 

改めて比較すると、存在感や威圧感のバランスならバレット型がおすすめで、威圧感を与えず目立たせたくないのであればドーム型が適していることが分かります。

 

いずれにしても、住宅の全体をカバーするとコストが掛かるので、ダミーも交えつつ防犯を行うのが理想的です。

 

予算に余裕があって高い場所に設置したいなら、有線よりも無線が有力な候補となるでしょう。

有線は物理的にケーブルを配線する必要があるのでケーブルを這わせるルートの確保が不可欠です。

>>DIYと業者どっち?防犯カメラの設置工事おすすめ方法のメリット・デメリット

 

近年は、WiFiなどの無線を使いスマホで映像が確認できるタイプも登場していますから、モニターの設置が不要で手軽さが増しています。

戸建て住宅の防犯におすすめなのは、一定以上の画質をクリアしていて、設置可能な場所が多い上に低コストで入手できるものです。

タイプ別でいえばいずれにも一長一短があるので、これ1つでOKというものはないですが、存在感と威圧感があるタイプは高い防犯効果を発揮する期待が大きいです。

特に小さな子供がいる家庭では、不法侵入のリスクを減らしたいものですから、存在を隠すよりもアピールした方が良いと思われます。

>>24時間作動中!ゼロキューブに防犯カメラ設置で安心 【防水で屋外対応・5台同時録画の費用は?】

バレット型の防犯カメラの特徴・価格目安

バレット型の防犯カメラの特徴

バレット型の防犯カメラは、銃弾という英語に由来があることから筒状で、ひと目でカメラだと分かるのが特徴です。

天井に取り付けられるのは勿論、壁に設置可能な製品もありますから、設置場所を選びにくいのが強みです。

赤外線暗視タイプのものは、夜間の撮影も可能になっているので、基本的に屋外に設置して使います。

当然ながら雨に濡れることもあるので、防水機能を有しているのが普通です。

防犯カメラの存在感は犯人にとって威圧感に変わりますから、一般家庭だけでなく店舗やオフィスでも活用されています。

映像撮影や記録能力に優れ、時間を問わずに防犯効果を発揮しますし、存在するだけでも威圧感を与えられるのでおすすめです。

元々屋外設置向けなので耐久性に優れ、水だけでなく埃に強いのもメリットです。

壁面にせり出すバレット型の防犯カメラは、遠くからでも存在が分かるので、侵入する家を物色する犯人に優れた防犯効果を発揮します。

犯人に対し、バレット型は見られているという印象を与えますから、姿を見られたくない犯人には天敵のような存在です。

高いところに設置を行なえば、レンズを覆い隠したり破壊が困難なので、戸建ての住宅でしっかりと防犯効果を見せてくれるでしょう。

防水と防塵を兼ね備えるハウジングと一体型ですから、別途用意する必要がなく、これ1台を設置することで直ぐに防犯が実現します。

四角い箱上のボックス型とは異なり、ハウジングと金具が最初からセットになっているのがこのバレット型です。

屋外設置を前提に設計されていますから、太陽光が差し込む時間帯や闇に包まれる夜間であっても、一定以上の性能を発揮してくれます。

バレット型の防犯カメラの価格の目安

価格の目安は1台あたり3万円~10万円くらいで、カメラの性能や機能性、設置台数などによって変わってきます。

手間が掛からない分コストは少し高いですが、設置金具も一体になっていますから、合う金具を用意したり設置する手間も少なくなるのが魅力です。

 

バレット型の防犯カメラをゼロキューブに取り付けて防犯対策を実施しています。こちらの記事で効果や価格についても述べているので合わせてご覧ください。

>>24時間作動中!ゼロキューブに防犯カメラ設置で安心 【防水で屋外対応・5台同時録画の費用は?】

ドーム型の防犯カメラの特徴・価格目安

バレット型の防犯カメラの特徴

ドーム型の防犯カメラは、レンズの部分がドームに覆われており、定点で一定の範囲を監視できるのが強みです。

ドーム型は天井に設置する為に作られているので、壁面には不向きですが、上から下を見下ろす監視においてはバレット型を上回ります。

ハウジングが一体型ですが、防水や防塵にそれほど気を使う必要がないので、そこはバレット型ほどの耐久性ではありませんが、反対にコストは抑えられています。

天井用だけあって、設置可能な場所は限られますし、屋外には向かないので必然的に屋内や玄関用となるでしょう。

存在感はバレット型に比べると控えめですから、見た目で威圧感を与えて防犯効果を狙うのには向かないです。

しかし、ドーム部分がスモークカラーになっているものは、近づいて見ても分からないほどなので、防犯カメラの存在を隠したい場合にはむしろベストです。

犯人の油断を誘って顔や姿を捉えるチャンスが手に入りますから、例えば繰り返し何度も被害を受けていて、犯人を捕まえたいケースなどで真価を発揮するはずです。

一見すると小さくて簡単に壊れそうですが、ドーム部分は耐久性が高く、強く叩いたり落下しても割れにくい作りでできています。

威圧感を感じさせないので、利用者が多い公共施設内や店内に向いているといえるでしょう。

戸建てなどの一般家庭で活用するとしたら、目立ちにくさを活かして玄関やベランダが設置の選択肢となり得ます。

形状や設計に耐久性などから屋外には向きませんが、適材適所で選べばバレット型に負けませんし、バレット型と併用することで相乗的な防犯効果が得られます。

レンズの開口面積が極端に小さく、防犯カメラには見えないデザインの製品もあるので、そういうタイプも選択肢に加えられるでしょう。

戸建て住宅には、不審者や侵入者など何かと狙われやすいリスクが存在しますから、防犯カメラを設置して屋内外の両方を防犯するのが賢明です。

バレット型の防犯カメラの価格の目安

価格は2万円台からと比較的手頃で、10万円を切るものも少なくありませんから、予算が限られていたりコストを抑えたい場合にも向きます。

さいごに

以上、戸建て住宅におすすめの防犯カメラの種類・特徴の説明でした。

 

戸建て防犯カメラのおすすめ設置業者をご紹介しています。見積もりは最低でも2社分は取得して見比べましょう!

>>家族を守れ!戸建て屋外家庭用防犯カメラのおすすめ設置業者5選【価格費用比較】

 

防犯カメラは自分で設置できるものもあれば、業者に依頼した方が良いものもあります。メリットデメリットについてはこちらの記事でまとめているので合わせてご覧ください。

>>DIYと業者どっち?防犯カメラの設置工事おすすめ方法のメリット・デメリット

 

実際に新築戸建てのゼロキューブに防犯カメラを設置しました。建築中の電気配線工事と一緒に防犯カメラの配線も通してもらったので室内にケーブルなどは見えませんし、壁の出っ張りなどはなくとっても綺麗な仕上がりになってます。

>>24時間作動中!ゼロキューブに防犯カメラ設置で安心 【防水で屋外対応・5台同時録画の費用は?】

 

ユキズ
家族の安全のために防犯カメラは必需品ですよ!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yuki_PHZ

ユキズ

元不動産&投資用太陽光発電営業の経験を経て規格注文住宅のゼロキューブを建てました。 おしゃれでかっこいいお家ですが実際住んでみると「もっとこうした方がよかったかも?」と思うところもあります。 これからお家を建てたいと考えている人のために「実用重視で家づくりのポイント」と「効率的で素早い土地探しの方法」をまとめています。 保有資格:宅地建物取引士

-ホームセキュリティ, 防犯・防災対策, 防犯カメラ
-, , ,

Copyright© NICE KIP , 2020 All Rights Reserved.