ゼロキューブ

【実績直近1年分公開】ゼロキューブは太陽光発電できる?住宅屋根の太陽光発電で失敗しない方法【5.1kw余剰売電】

※2019/9/3追記しました

ゼロキューブや注文住宅で家を建てるなら、是非検討したいのが「太陽光発電」です。

でも、太陽光発電が気になってはいるものの、ゼロキューブで太陽光発電はどうなの?と疑問が多いです。

そこで、僕が実際にゼロキューブで太陽光発電をやってみましたので、結果と失敗しない太陽光発電の方法について説明します。

こんな方におすすめ

  • ゼロキューブで家を建てようと思っている人
  • 戸建ての余剰売電について興味がある人
  • 注文住宅で太陽光発電を行いたいと考えている人
  • 電気代を大幅に節約したい人
  • エアコンを付けっぱなしにしておきたい人※重要

太陽光発電ってなあに?

ここでいう太陽光発電というのは、よく見かけるお家の屋根に太陽光パネルを置いて発電しているものです。

簡単に言うと、太陽光パネルを屋根の上に設置して発電します。基本は生活で使いますが、消費電力より発電の方が大きいと電気が余ります。その余った電気を、電力会社に売却して収入を得る仕組みを「固定価格買取制度」の「余剰売電」といって国がルールを定めています。

基本的には、お家の屋根で発電しているのは余剰売電だと思って大丈夫です。

もうちょっと、詳しくいうとパネル容量が10kW未満の住宅用太陽光発電設備になります。ちなみに、我が家の太陽光発電のパネル容量は5.1kWになります。

詳しくは、経済産業省の特設ページのなっとく!再生可能エネルギーをご覧ください。

ゼロキューブで太陽光発電はできる?

 

我が家はゼロキューブ+BOXですが、太陽光発電はできるのか気になるところだと思います。

答えは、ゼロキューブでも太陽光発電は出来ます!

屋根の写真を見てください。僕がドローンで撮影した写真ですが、屋根一面にびっしりと太陽光パネルが設置されているのがわかると思います。

我が家のゼロキューブだと、屋根の勾配が北東流れになっているのですが、太陽光発電業者と相談して北東流れでも十分発電できる太陽光パネルを選びました。

いち子
とーたん、黒い太陽光パネルがいっぱいだね!
かっこいいでしょ!気になる実績は後述します!
ユキズ

太陽光発電ができないゼロキューブは?

先に注意なんですが、ゼロキューブなら必ず太陽光発電できるとは限りません。

簡単に言えば、太陽光発電は屋根が無いと出来ないです。

屋根が無いゼロキューブでは太陽光発電ができない

つまり、ゼロキューブのスカイバルコニーなど屋上タイプは太陽光発電はできません。

スカイバルコニーは屋根が無い

ペントハウスは屋根部分が少ない

屋根がなくても立地によって太陽光発電が難しい

また、土地の立地や周辺環境などによって太陽光発電が不向きになることもあります。

土地の南側が竹林や林になっていて木の影になりやすかったり、南側の隣地が高くなっていて影になりやすかったり、隣家が3階建だったりです。

この問題はゼロキューブに限らないので、太陽光発電をしたいのなら土地についても十分検討しないといけないですね。

ゼロキューブは太陽光発電に向いている?

さて、太陽光発電ができるゼロキューブですが、太陽光発電に向いているのかどうかは別問題です。

太陽光発電ですから、太陽に向かって太陽光パネルを設置するのが本来のやり方です。

ですが、我が家の場合は、屋根は北東に向かって勾配があります。太陽の向きとは逆向きになっているんですね。

 

つまり、ゼロキューブは本当は太陽光発電に向いていません。

太陽光発電が可能だったのは、ゼロキューブの場合、勾配がそこまできつくなく10%未満なので、設置できる太陽光パネルがあったからです。もうちょっと勾配がきつかったら不可能でした。

ゼロキューブってデザイン上、外から見ると四角くく見えますよね?でも、主に、南、東、西向きから見ると四角いですが、実は屋根が見えないように、塀のように囲ってあるんです。なので、北東側から見てみると屋根が見えます。

ゼロキューブの場合には、太陽光発電システムについては、屋根の向き、そして勾配によって選ぶ商品が少ないと思っておいた方が良いです。

ゼロキューブで太陽光発電を始めた理由

ゼロキューブを選ぶにあたって、実は最初から太陽光発電をしようとは考えていませんでした。

僕は投資用太陽光発電の販売会社で営業として、年間2.5億円近い売上を上げていて、太陽光発電が大きな収入になることを理解しているのにも関わらずです。

なぜなら、良くも悪くもゼロキューブに一目惚れしてしまったせいです。パッと太陽光発電に不向きである住宅なのはすぐわかりましたが、一目惚れしてしまったので、まず最初に太陽光発電を諦めました。太陽光発電が「お金」になることを知っていても、良くも悪くも住宅にデザインを優先させてしまったんですね。

それでも、結局はゼロキューブで太陽光発電を始めました。

その理由とは、ずばり「電気代が想像以上に高くてびっくりした!」からです。

ゼロキューブってオール電化住宅なんですよ。

僕も妻も、今までオール電化住宅に住んだことはなかったし、実家でも違うし、オール電化住宅の電気代について情報を得たことが無かったのです。正直、オール電化住宅の電気代については、安易な予想を立ててしまっていました。

そのため、実際住んで、まるまる一月分の電気代の請求が来た時には大慌てになりました。

なぜって、電気代が3万円前後だったんですから。
エアコンをもっと使う夏冬になったら、こんなもんじゃ済まない!これはヤバイぞ!太陽光発電やんなきゃまずい!となったのです。

建ててしまっては今更どうしようもないということで、業者探しをしてすぐ太陽光発電システムを設置したのでした。

ユキズ
ローンを抑えても電気代で家計を圧迫するところだったのです

ゼロキューブに太陽光発電を始めて良かった?

そんなこんなで、ゼロキューブで太陽光発電を始めた結果がどうなったか気になるところですよね。

実際に売電した、直近の太陽光発電の実績をまずは見てみてください。

直近1年分の太陽光発電実績とシミュレーション比較

東京電力のサイトで過去12ヵ月分の実績を見ることができるのでスクリーンショットを撮りました。買取金額は、2017年のものになりますので参考にしてください。

 

太陽光発電システムの見積もりの時にもらった検討したシミュレーションとの比較にするとこうなります。

 

ご覧の通りの実績になっています。

太陽光発電やって本当に良かった!とはこれだけ見ると思わないかもしれませんね。太陽光発電は天気次第の部分もありますから数字の部分は10年後にはっきりします。今のところ設備設置工事の費用と実績から見れば、利回り約8.2%くらいになるので、投資で考えればちょっと弱めにはなっちゃいますね。

太陽光発電始めて良かった!余剰売電の強力なメリットとは?

ただし、うちの場合、住宅の屋根で行う太陽光発電で「余剰売電」であることを忘れちゃいけません。

単純に投資ではないのです。

余剰なので、売電分は「余った電気」です。余剰売電で大事な部分が2つあります。

  • 売電したいという気持ちから生まれる節電意識の高まりからの節電効果
  • 生活電力を発電電力で賄える節電効果

1つ目は、簡単に言えば、無駄な電気を使うくらいなら売電した方がお得だからと節電するということです。無駄な電気はつけないようにしています。

 

そして、特に大事で僕がもっとも重要視したのが2つ目の生活電力を発電電力で賄える節電効果です。

 

何がどうメリットなのかわかりやすくたった1つの超お得な事例を挙げます。

それは、

エアコンをずっと付けっぱなしにできるんです!!

 

この記事を書いていた日のモニターの画像です。日付は2019年7月27日土曜日、16時ちょっと前です。

台風がいよいよ翌日迫ろうとしていた、あの暑い日です。もう日が暮れそうになるころで発電が弱まってくる頃です。

消費量より発電量が大きくなっている事がわかると思います。

我が家のゼロキューブのリビングのエアコンは朝5時頃からずっと付けっぱなしです。今記事を書いているは22時を過ぎていますが、就寝まで付けっぱなしです。

我が家は暑ければエアコン、寒ければエアコンの付けっぱなしの毎日なのです。特に夏は熱中症の恐れがあり小さい子供と赤ちゃんがいるのでエアコン必須な訳です。

 

ちなみに、リビングダイニングの450Wは除湿機です。除湿機もほぼ毎日つけっぱなしです。

ゼロキューブの+BOXをまるっと物干し部屋にして除湿機置いたら生活がこだわった【洗濯物臭くない】

 

ゼロキューブのリビングは、1階はキッチンから廊下まで広く、さらに吹き抜けまである構造です。それなのに、余剰分で売電できているので、そこから電気代を相殺できています。エアコンも除湿機も付けっ放しなのに、実質の電気代は、ちょいプラスから半額くらいになっている計算になっています。

 

もしも、太陽光発電をやっていなかったとしたら??今の快適な生活は送れていなかったかもしれませんね。太陽光発電始めて本当に正解でした。良かった!

ユキズ
余剰売電すごい…っ!
アウアウッ...!(余剰売電すごい…っ!)
ふた美

 

※2019/9/3追記

今年の夏も暑かったですね。追記している時点でも日中は33度を超えるなど外で仕事するのはかなり体に応えます。

8月の電気代が出たので参考になればと思い書きますね。

2019年8月の電気代は15532円でした!

日別の電気使用量のグラフ

なんと8月の電気代は、15532円でした!

いち子
リビングのクーラー24時間つけっぱなしだったのにすごいね
いやーお母さんもびっくりしてたからよかったな!
ユキズ

そうなんです。熱中症が本当に怖くて、うちには0歳児の赤ちゃんもいてリビングで妻と寝ていたもので、エアコンは24時間付けっ放しにしていたんです。

外出時も止めてしまえば、すぐ暑くなることから消さない方がいいと伝えていたので、夏の間は常時エアコン付いてました。時折、モードを「自動」や「除湿」に「冷房」など体感気温に応じて変更していました。

この金額は我が家にとっては年間通しても安値になります。最安値は6月あたりですがそもそもエアコンつけてないです。

なので、自分の家の部屋の広さと電気代、エアコンの使用状況と比べてみてくださいね!

太陽光発電で失敗しない方法とは?

ここまで、ゼロキューブで実際に太陽光発電を行ってみてどうだったかのお話をしてきました。

でも、建ててみてから太陽光発電を始めたので、ノーマルのゼロキューブではそのメリットは活かしきれていないというのが現実ではあります。

太陽光発電に向いた家を建てていれば、もっと収入があったはずで、電気代どころか住宅ローンに充当もできていたかもしれないと考えると、家庭内ではあえて言いませんが心残りがあると言えます。

なので、これから家を建てたい、ゼロキューブ気になる、エアコンは付けっぱなしにしたいという人のために、太陽光発電で失敗しない方法について説明します。

ゼロキューブを取り扱う建築会社が太陽光発電に精通しているわけではない

まず、ゼロキューブが気になる人に1つ。

ゼロキューブを取り扱う建築会社が必ずしも太陽光発電に精通しているわけではないので注意が必要です。

僕が依頼した建築会社では、経験が無いらしく前向きではありませんでした。結局は、僕は他の太陽光発電の業者に設置工事を依頼することになりました。

ゼロキューブは規格住宅のフランチャイズなので、元々は不動産業者で、ゼロキューブを取り扱いたいために建築士を採用したり免許を取得したりした場合になれば、当然太陽光発電がわかるわけもありません。僕が依頼した建築会社はまさにこのパターンだったので、当時は1件も太陽光発電を自社では行っていませんでした。そのため、当時は事例が無いのでゼロキューブで太陽光発電は得か損かの話もできないわけです。

全国には、もしかしたら、元々太陽光発電の設置工事の業者から、フランチャイズ加盟のために建築免許を取った業者もいるかもしれませんが稀でしょう。

ゼロキューブの太陽光発電をするなら専門業者に依頼しよう!

そのため、ゼロキューブにこだわる、またはすでに建てている場合には、一応建築会社には聞いてみてダメなら、素直に専門業者に依頼するのが間違いがありません。同じ地域のお友達や家族にすでに良い業者で太陽光発電を設置した方がいれば紹介してもらうのが良いですから聞いてみましょう!

もしいないのであれば、太陽光発電の専門業者は ソーラーパートナーズ に相談して、相談や見積もり依頼をしてみるのが良いでしょう。

ソーラーパートナーズは、業者とお客さんの橋渡しをする役目をしている会社になり、お客さんに信頼できる専門業者を紹介してくれます。

僕の場合は、そもそも産業用太陽光発電を投資向けに販売していたので、予備知識は豊富でしたから数字だけ見てトントン拍子に話を進めることができました。

でも、太陽光発電が初めての場合には、たくさんの専門用語が出てきて、結局何が家計の大事な部分に繋がるのかわかりづらいです。住宅ローンの他に、またローンを組む必要があるのなら失敗するのはとても怖いもの。

そこで、ソーラーパートナーの専属アドバイザーに対して、全くの初心者でまずは全体的な説明を聞いてから、各見積もりを見ていくことで安心して検討することが可能になります。

一括見積もりサイトではありませんから、いきなりあちこちの専門業者から電話が来ることはなく、最初にソーラーパートナーの担当者と電話でお話しすることになりますから煩わしいことはありませんから安心です。

ユキズ
まずは相談して情報収集するのが大事ですね!

しかも、見積もり依頼をすると無料特典が貰えるので、業界の話注意ポイントなど予備知識を仕入れることが可能ですよ!

無料特典あり!

  • 【非公開 マル秘太陽光発電メーカーランキング表】
  • 【太陽光発電6つの地獄と回避方法】おすすめ
  • 【ホームページにかけない見積り依頼直前マニュアル】おすすめ
  • 【設置前こっそりチェック表】
  • 【5秒でわかる太陽光発電シミュレーション』

お問い合わせ・見積もり依頼は当然無料です。こちらの公式サイトから見積もり依頼をすることが可能です。

地元で最も評判の太陽光見積り【ソーラーパートナーズ】

 

 

太陽光発電前提の建築プランがもっともおすすめ!

太陽光発電を是非したい!と考えているのなら、最初から太陽光発電を組み込んだの建築プランを作ってしまうのがもっともおすすめです。

ゼロキューブをカスタマイズするとなるとその費用は当然追加でかかるわけです。残念なことに建築会社で太陽光発電の実績がなければ、そもそもプランを作ることもできない可能性もあります。

となれば、最初から太陽光発電搭載の注文住宅や規格住宅を取り扱っているハウスメーカーや建築会社で話を進めたほうがコストが抑えられることになります。

タウンライフ家づくり(太陽光発電) であれば、複数のハウスメーカーに一括で太陽光発電込みの建築プランの作成依頼をすることが可能です。

タウンライフ家づくり(太陽光発電)のおすすめポイント

タウンライフ家づくりを利用すれば、最初からZEH住宅に特化した注文住宅の建築プランを依頼する事ができます。

ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称だそうで、ゼッチと読みます。

ZEH住宅というと難しいですが、簡単にいうと、太陽光発電の収入で支出の電気代を相殺する事と、冷暖房効率を上げた省エネ住宅でそもそも電気を多くつかわなくてもいいようにする事の2つの特徴があります。

ZEHについては、国でも補助金を出して推進していますから、太陽光発電システムが150万円くらいなら実質半額で可能になると考えられますね。

ZEH住宅と固定価格買取制度の余剰売電や全量売電を組み合わせれば効果は大幅に上がって、快適な生活が送れるようになります。

 

タウンライフ家づくり(太陽光発電)の利用方法

タウンライフ家づくりをで太陽光発電を希望して依頼するにコツがいりますから説明しますね。

まず、作成依頼フォームに進んで行くためには、家を建てたい場所について選択して、バナー内のボタンをクリックします。

 

家づくり計画書「無料」作成依頼はこちら

 

 

そうすると情報入力のフォームの中に、「資金計画について入力してください」という欄があるのを確認できます。

さらに、その中の、「その他、間取り・資金作成でのご希望やご要望、ご質問などご自由にご入力ください。」という自由記入欄があるのがわかります。画像の赤枠のこの部分です。

この欄に、太陽光発電を行いたいこと、余剰売電をやりたいことについて明記しておきましょう。例えばこのように書くといいですよ。

 

こんな風に書くと伝わります!

  • 屋根は太陽光発電を行えるように片流れ屋根が良いです
  • ZEH住宅と余剰売電ができるように家にしたいと考えています
  • 片流れ屋根とカーポートの屋根部分を最大限活用して全量売電にチャレンジしたいです
  • 土地は太陽光発電に適した南側に開けた立地を希望します
  • 固定価格買取制度があるので余剰売電(or全量売電)にしたいので蓄電池利用は考えていません
  • 土地が広いので平家にして屋根に10kw近く太陽光パネルを設置して余剰売電したいです
  • 狭小地ですが、幸いにして南側が開けています。少しでも太陽光発電で電気代を節約できるようにしたいです。
  • 土地もまだありませんが、太陽光発電の余剰売電は絶対やりたいと考えていますetc...
ユキズ
家族の希望に合わせて希望条件を整理してみましょう!

 

また、建築プラン作成依頼をすると「成功する家づくり7つの法則」というPDFにまとめられた小冊子が無料でもらえます。

お得な特典あり

家づくりに役立つ情報を無料でゲットできる!

毎月先着99名の方に「成功する家づくり 7つの法則」という49ページもある小冊子PDFを無料でプレゼントしています。

 

タウンライフ家づくりで太陽光発電込みの建築プランの作成依頼はこちらのバナーから行えますよ。

さいごに

以上、ゼロキューブで太陽光発電を行なった理由とその実績。そして太陽光発電で失敗しない方法について説明してきました。

太陽光発電は戸建て住宅に住むのなら必須な装備になります。僕も建て替えるのであれば、太陽光発電に最適した家づくりを念頭にして建築プランを考えます。今の発電実績でも不満は無いですが、単純に屋根を南側にするだけでも発電量は跳ね上がるでしょうし、10kw近くのパネル容量を実現できたら3倍以上の発電量は見込めて住宅ローンへの充当も期待できるからです。

建ててしまってからですと、太陽光発電について自由な検討ができません。

みなさんのご家族が快適に暮らせる家づくりのために我が家の実績を公開したので、ぜひ参考にして建築プランを考える段階から太陽光発電を取り入れてみてください!

ユキズ
後悔のない楽しい家づくりをしてくださいね!

すでに戸建てにお住まいなら
ソーラーパートナーズがおすすめ!

これから家を建てるならなら
タウンライフ家づくりがおすすめ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yuki_PHZ

ユキズ

元不動産&投資用太陽光発電営業の経験を経て規格注文住宅のゼロキューブを建てました。 おしゃれでかっこいいお家ですが実際住んでみると「もっとこうした方がよかったかも?」と思うところもあります。 これからお家を建てたいと考えている人のために「実用重視で家づくりのポイント」をまとめています。

おすすめ記事

1

僕たちのお家はゼロキューブです。 あの、「私たちにちょうどいい家。」のキャッチコピーで、1000万円から建てられる四角いお家です。 ゼロキューブの人気が月日が経つ毎に増してきていて、それと「実際どうな ...

2

せっかくのゼロキューブも格好良さだけ求めていたら生活しづらくなっちゃうかもしれません。 なぜなら、生活する上で絶対に欠かすことが出来ない超大事な「家事」である『洗濯物問題』は常に付きまとうからです。 ...

3

ゼロキューブの特徴として、二面の大きな四角い窓があります。 FIXタイプで開閉できない大きな窓ですが実際住んでみてどう感じたか説明していきます。   ゼロキューブの大きなデザインの特徴である ...

4

※2019/9/3追記しました ゼロキューブや注文住宅で家を建てるなら、是非検討したいのが「太陽光発電」です。 でも、太陽光発電が気になってはいるものの、ゼロキューブで太陽光発電はどうなの?と疑問が多 ...

-ゼロキューブ
-, ,

Copyright© NICE KIP , 2019 All Rights Reserved.