ゼロキューブ

ゼロキューブのFIX窓の実際に住んで思ったメリット・デメリット

ゼロキューブの特徴として、二面の大きな四角い窓があります。

FIXタイプで開閉できない大きな窓ですが実際住んでみてどう感じたか説明していきます。

 

ゼロキューブの大きなデザインの特徴であるレクタングルFIX窓とは?

基本的には玄関側の二階の窓、その反対側の二階の窓にレクタングルFIX窓があります。

ゼロキューブといえば、ガルバリウム鋼板とこの大きなレクタングルFIX窓というほど個性を放っています。

ちなみにこのレクタングルFIX窓ですが、ゼロキューブの特注ではなく普通にメーカーで用意されているタイプとサイズの窓です。

寝室のレクタングルFIX窓は?

我が家のゼロキューブだと、寝室にレクタングルFIX窓があります。

 

階段側のレクタングルFIX窓は?

その反対側は、吹き抜け階段になっていてところの二階部分に相当する箇所にレクタングルFIX窓があります。

 

 

ゼロキューブのレクタングルFIX窓のメリット・デメリットとは?

さて、このレクタングルFIX窓ですが、実際どうなんでしょうか?

住んでみて早2年を過ぎた率直に感じたメリット・デメリットについて書いていきます。

メリット

先にメリットから。

寝室側のレクタングルFIX窓について

2階の部屋に寝室側のレクタングルFIX窓があるので、ロールスクリーンを全開にすれば抜け感が良いです。
夜間なら、月の天体観測などやって遊んだりできます。

子供が外を見たがるのでロールスクリーンを開けると喜んで見てますよ。2歳児くらいだとちょうどお腹あたりに窓の縁がくるので良い高さなんです。

いち子
車や飛行機を見てんだよ!

階段側のレクタングルFIX窓について

階段側のレクタングルFIX窓であれば、すりガラスのために覗き込まれる心配ありません。

我が家の場合、北西側に階段吹き抜けがありますから大きなレクタングルFIX窓のおかげで採光が良く、一日中明るく過ごすことが可能です。

明るくしておきたいので我が家ではブラインドなども設置していませんが、すりガラスのためにプライバシーは守られています。

デメリット

次は気になるデメリットについてです。

寝室側のレクタングルFIX窓について

プライバシーが気になるかも?

寝室として使う部屋に大きなレクタングルFIX窓があっても、意外とロールスクリーンを全開にする機会がありません。

寝室なので、採光の良し悪しは正直重要視していないです。

また、我が家の南東側のお家は平屋なので眺望は良いのでまだ良いですが、住宅密集地や旗竿地の場合お向かいさんの家からのプライバシーが気になってしまいそうです。
大きなレクタングルFIX窓だと、大人の膝下くらいまで窓になっていますから全開にすれば、当然道路からでも誰が何してるかは見られてしまいます。

かなりプライバシーに難があります。

天体観測は難しいかも?

天体観測は出来ますが、対象の天体が水平方向にあるとは限りません。月もどんどん「昇って」いくので、天体観測するときには窓際で寝転んで見上げる形になります。

ユキズ
かなり窮屈かな

デジタル一眼レフカメラで撮影もしましたが、カメラも窓際で、ほぼ真上を見上げる形での撮影でした。撮影はしづらいです。天体観測も隣接住宅や町の環境によっては、何も見えない恐れもあります。

正直なところ、ゼロキューブのレクタングルFIX窓は天体観測には向いて無いと思います。

どうしても天体観測したいなら、庭か+BOXのベランダかスカイバルコニーで行うのがベストですね。

吹き抜け階段側のレクタングルFIX窓について

吹き抜け階段側のレクタングルFIX窓については、なかなかデメリットらしいデメリットは無いですが、絞り出してみます。

我が家のレクタングルFIX窓にはロールスクリーンなどは付けていないので昼間は明るいです。

ただし、夜となると気になる点が生まれます。

それは、内外の光漏れです。

うちの光が外に漏れることと、外の明かりが中に入ってくるのが気になることがあるかもしれません。吹き抜け階段側の隣地のお家との距離がかなり狭いと電気のオンオフごとに、チカチカする羽目になるかもしれません。逆に、うちの電気をつけるたびに隣のお宅に「今電気ついたなぁ」なんて思われるかもしれません。気にする人は気になっちゃいますよね。

レクタングルFIX窓も周辺環境によっては要検討

ゼロキューブの特徴的なレクタングルFIX窓ですが、周辺環境によってはデメリットが大きく断念した方がいいかもしれないことになりそうです。

担当の建築士としっかり相談して行こう

ゼロキューブは1つの間取りプランしかないわけではなく、玄関向きによって間取りプランが変わってきます。

そうすると、メインの寝室と吹き抜け階段の位置も違くなってきますから、接道向き玄関向きそして標準間取りプランのレクタングルFIX窓位置について、周りの環境・隣家をしっかり確認しておき自分でも「リアルな暮らし」を想像しながら建築士と相談していきましょう。

営業担当は現地に行くことがあっても、建築士は営業が撮ってきた写真だけしか見ないなんてことあるかもしれません。そうすると、「ゼロキューブありき」で話が進んでしまい、アドバイスや提案がなくなってしまうのです。規格住宅は価格の安さがありますが、柔軟性が無いです。カスタマイズすると別料金がかかるのでしょうがないですが。

実際に建てて住むのは、「自分たち」ですからしっかりと意見していきたいところです。

ユキズ
あれ?って思ったら質問。こうしたいと思ったら相談してしっかり納得して決めよう!

タウンライフ家づくりで他のプランも検討してみよう

もしも土地が広すぎたり微妙な狭さなどと行った場合には、規格住宅であるゼロキューブの他にも建築プランを見てみるのもいいかもしれません。

広すぎる場合であれば、周辺環境に左右されませんからレクタングルFIX窓のデメリットも特に問題無いでしょうが、土地余りで間取り広くしたり部屋数や設備について追加で注文するのであれば高額なカスタマイズ費用となる可能性があり、安く建てられるゼロキューブのメリットがありません。

また微妙な狭さの場合も、カスタマイズ費用でちょっと高くつく可能性もあります。ゼロキューブミニでちょっと広げるのか、ゼロキューブで減らす方向でちょっとカスタマイズするのか、どちらにせよ規格住宅に手を加えようとすると広げても狭くしてもお金がかかるのです。

そういう場合には、あらかじめ他の建築プランを手に入れておいて、どのような価格帯になるのか把握しておくと安心です。

それには、「 タウンライフ家づくり 」というサービスが使えます。

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくりとは、一括でハウスメーカーや設計会社に建築プランについて依頼請求出来るサービスになります。

しかも、無料にです。

 

タウンライフ家づくりでどう依頼すればいい?

依頼の仕方はとても簡単です。

家づくり計画書「無料」作成依頼はこちら

依頼フォームにて、希望間取りや資金計画について入力していくだけで大丈夫です。

そこで、依頼のポイントですが、「資金計画」の入力欄に希望や要望を書けるところがあるのですが、そこにしっかりと具体的に細かく書くことが重要になります。

例えば、すでに土地の目星がついているのであれば、その土地の環境も書いた方が建築プランに反映されます。また、エリアによって土地相場がわかっているのであれば、借り入れ上限額から土地相場分を差し引いた額を伝えることができますからリアルな建築プランになります。

例えばこう書く

  • 日当たりが悪そうな立地なので一日中リビングが明るくなるような間取りにして欲しい。
  • 他の建築会社のプランで大きなレクタングルFIX窓が個性的で気に入っています。建築プランに取り入れることができるでしょうか?
  • プライバシーをしっかり守りたいのですが、採光も十分確保したいです。
  • 広めの土地を探しています。窓はできるだけ大きく、開放的な間取りにしたいと考えています。etc...

タウンライフ家づくりの利用の際には、検討初期の段階がおすすめですよ。

すでに、建築会社を決めて、建築請負契約を済ませている場合には適していませんので注意です。

 

タウンライフ家づくりで一括依頼をすると無料特典がもらえますので要チェックです!

お得な特典あり

家づくりに役立つ情報を無料でゲットできる!

毎月先着99名の方に「成功する家づくり 7つの法則」という49ページもある小冊子PDFを無料でプレゼントしています。

タウンライフ家づくりで無料間取り作成依頼はこちらのバナーから行えます。

さいごに

ゼロキューブのレクタングルFIX窓についての、実際に住んでみて感じたメリット・デメリットについて説明しました。

また、規格住宅のデメリットによってコスト増加の懸念から、タウンライフ家づくりについて説明しました。

お家について気に入らなかったら後からリフォームすればいいやというわけには行きません。その分のコストと時間は安いものではありません。

実際に生活するリアルな暮らしを思い描きながら、十分な検討が必要になりますよ!納得できる家づくりをしてください!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yuki_PHZ

ユキズ

元不動産&投資用太陽光発電営業の経験を経て規格注文住宅のゼロキューブを建てました。 おしゃれでかっこいいお家ですが実際住んでみると「もっとこうした方がよかったかも?」と思うところもあります。 これからお家を建てたいと考えている人のために「実用重視で家づくりのポイント」をまとめています。

おすすめ記事

1

僕たちのお家はゼロキューブです。 あの、「私たちにちょうどいい家。」のキャッチコピーで、1000万円から建てられる四角いお家です。 ゼロキューブの人気が月日が経つ毎に増してきていて、それと「実際どうな ...

2

せっかくのゼロキューブも格好良さだけ求めていたら生活しづらくなっちゃうかもしれません。 なぜなら、生活する上で絶対に欠かすことが出来ない超大事な「家事」である『洗濯物問題』は常に付きまとうからです。 ...

3

ゼロキューブの特徴として、二面の大きな四角い窓があります。 FIXタイプで開閉できない大きな窓ですが実際住んでみてどう感じたか説明していきます。   ゼロキューブの大きなデザインの特徴である ...

4

※2019/9/3追記しました ゼロキューブや注文住宅で家を建てるなら、是非検討したいのが「太陽光発電」です。 でも、太陽光発電が気になってはいるものの、ゼロキューブで太陽光発電はどうなの?と疑問が多 ...

-ゼロキューブ
-, ,

Copyright© NICE KIP , 2019 All Rights Reserved.